この2nd学期2017でデジタルマーケティング担当者は何に焦点を当てるべきですか?


以下で共有するマーケティングチャートレポートに基づいて、Markerer Digitalが目標を達成するためにこの5nd学期に焦点を当てる必要がある2の側面を概説します。イタリアのビジネスメールデータベース ビジネスキャンペーンの拡大に役立ちます。

メディアプランを再定義する
視聴者が変化することを考慮してください。1年前と同じ量の視聴者がガイドラインで見られると誰が言ったでしょうか。 新しい形式と範囲の定義については、代理店にお問い合わせください。
少ないテレビとデジタルのビデオ。

コマーシャルはいですが、プライムタイムは、あなたのコマーシャルがもはや30秒続くのではなく、あなたが望むなら1:30続くことができると考える時です。
より多くの投稿を昇格しましたか?
可能性はありますが、クライアントの連絡先データを取得できるリードおよび要素のキャプチャ形式を試してみてください。 印象にさようなら、情報を提供する範囲を歓迎します。

Adios to Email Marketing、モバイルマーケティングへようこそ
セグメントが非常に細分化されていない限り、生成しているSPAM ENGAGEMENTエフェクトに別れを告げます。 販売したい場合、郵送によってコンバージョン率が上がることはありません。 革新し、他のアクションについて考え、ベースをFacebookグループに移行しようとしましたか?モバイルデバイスでマーケティングアクションを試みましたか?

煙を売らないソーシャルメディア
これ以上好きでRTしないでください.. KwareをAwarenessと考えるのに十分です。 ソーシャルネットワークのCTRは、ウェブサイトまたはオンラインストアに対していくらですか? ソーシャルトラフィックを増やすことから始めます。 コンテンツはありますが、Webサイトでアクションを生成する効果がありますが、コミュニティ管理戦略を再考してください。
これらの指標を反映して、戦略をプロファイリングしましょう。

デジタルマーケティングコースとディプロマデジタルマーケティング、デジタルマーケティングコース、マーケティングディプロマ、デジタルマーケティング、ブログマーケティング、デジタルブログ、デジタルトランスフォーメーション、ブログeコマース、コミュニティマネージャー、デジタルマーケティングブログ、デジタルマーケティングツール、代理店