サイトの対話性


インターネットが初めて登場したとき、Webサイトはすべて情報の開示に関するものでした。 Webサイトとユーザーとの間の唯一のやり取りは、ユーザーがサイト上で行った読み取りのみでした。 今日でも、読書は重要です。 ユーザーはWebサイトを検索して、製品、サービス、またはトピックの詳細を確認します。
ただし、今日のWebサイトには、画面上のテキストだけではありません。

私たちは今、インタラクティブ時代に住んでいます。 私たちのほとんどは、訪問しているWebサイトとやり取りしたいと思っています。 その相互作用は、アンケート、ブログ投稿にコメントする機能、ファイルのダウンロード、またはサイトのコンテンツに関連するゲームという形をとることがあります。 インタラクションのタイプに関係なく、ユーザーはそれを期待し、検索クローラーはそれを探します。

サイトの対話性は、高いSEOランキングを達成するために不可欠です。 確かに、インタラクションなしで高いランキングを獲得することができますが、ビットはほとんど同じくらい速くは発生せず、ランキングはユーザーと何らかのインタラクションを行うサイトのランキングよりも低くなります。

相互作用がなぜそれほど重要なのですか? シンプル。 ユーザーに影響を与えてサイトと対話することができれば、目標のコンバージョンを獲得できる可能性が高くなります。 目標の変換は、ユーザーに関する詳細情報を収集するために設計された何らかのアクティビティの完了です。 目標の変換は、ユーザーにニュースレターにサインアップするように誘導するのと同じくらい簡単な場合もあれば、ユーザーに購入を促すなど、より具体的な場合もあります。

どのような目標の変換を求めていても、それを達成する方法は対話型です。 また、ユーザーがサイトを頻繁に操作するほど、この人があなたが密接に監視している目標コンバージョンページに到達する可能性が高くなります。

目標の変換は、多くのWebサイトの目的です。 たとえば、eコマースWebサイトの目標の目標変換は、ユーザーが$ 25で購入することです。 ユーザーをサイトから購入するように仕向けることができれば(つまり、目標のコンバージョンを達成できます)、将来の購入、追加情報の検索、または単にサイトとのやり取りのために、ユーザーをサイトに呼び戻すことができます。もう少し。

これらはすべて、Webサイトのトラフィックパターンの重要な側面です。 また、検索エンジンは、ユーザーに対するサイトの価値を判断するために、対話性の要素を探します。 検索エンジンの1つの目標は、ユーザーに価値を提供することです。 それらのユーザーは、特定のものを見つけるのに役立つ検索エンジンに頼ります。

サイトが検索結果の上位に位置することが重要であるように、検索エンジンは、ユーザーが最初のページまたは2ページ内で検索する情報を提供することが重要です。 ユーザーを幸せにすることは、検索会社がお金を稼ぐ方法の1つです。 別の方法は、ユーザーが検索していたキーワードに従って表示される検索結果または広告でページを高くランク付けするために広告主が支払うドルによるものです。販売中のデータベースリスト

言い換えれば、検索エンジンの最適化は双方向です。 それはビジネスでもあり、検索エンジン企業は常にビジネスを改善する方法を模索しています。 そのため、これらの要素および他の多くの要素は、検索エンジン最適化の重要な部分です。

オーガニックSEOを達成するのは確かに簡単ではありません。 それを達成する1つの方法は、現在の場所と、サイトのデザインやコンテンツに追加する必要のあるものを概説し、ユーザーがより見えるようにするための強固なSEOプランを立てることです。 また、適切なSEOプランを作成して実装するには、多くの時間と労力が必要です。
ただし、使用する場合 SEOプラン 踏み台として、オーガニックSEOの場合でも、集中力を維持し、最終的には、あなたが目指していた検索エンジンのランキングを達成できます。